バナー

合宿免許の楽しみの1つは食事

合宿免許は最短2週間ほど泊まり込んで免許を取得します。費用の中には、教習費用、宿泊費、1日3食の食事代、往復の交通費が含まれるパックの設定になっています。

中でも、食事は合宿免許の中での楽しみの1つです。



最近は様々な工夫が凝らされていて、続いても飽きないようなメニュー設定がなされていたり、専属の栄養士やシェフがいるようなところもあったりします。
また、ステーキ、ラーメン、お寿司などが食べられるようなところもあります。

バイキングが実施されているところもあるので、お腹いっぱい食べたい人にはおすすめです。

女性や甘い物好きな人に嬉しいケーキバイキングを実施しているところもあります。


観光地に隣接しているようなところでは、地元の美味しいものを紹介してもらって、食べ歩きをしたりするのも楽しみの1つです。



教習は、基本的に土日はお休みなので、土日は観光がてら、外に出かけてみると良いでしょう。


また、自炊出来るようなところもあります。
自分の好きなものを食べたい人、料理が好きな人にとっては、自炊が出来るタイプの合宿免許はおすすめです。

その分、費用も安くなっています。

合宿免許に関するトレンドをお伝えいたします。

食事付きの場合は食事無しの場合よりは費用がかかりますが、栄養バランスが取れたものを食べることが出来ます。

食事無しにすると、自分で食料を調達しないといけません。
自炊をしない場合は、教習が終わってから近くのスーパーやコンビニなどに買い出しに行く人が多いようです。