バナー

合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許とは、一定の期間、宿泊施設に滞在しながら、運転免許を取得するためのスケジュール化されたカリキュラムを集中して受けることのできるシステムです。教習費用に宿泊や食事の費用を含めたパック料金が設定されているため、通って運転免許を取得する費用より安くすみます。通って運転免許を取得するよりも短期間で運転免許を取得することができます。



合宿するために滞在する場所を全国の中から選べることができたり、ホテルや旅館などの宿泊施設を、好みで選んで決めることができます。


この場合、地方の教習所だと、広くて交通量が多くない道路が多いので、運転が苦手な人でも安心して練習をすることができることなど、合宿免許においてはこのようなメリットがあります。



ただ、地方の教習所で運転の練習をしたために、都会で運転した場合の交通ルールの違いに戸惑ってしまうことがあるでしょう。そのように、合宿免許においてのデメリットについては、通って運転免許を取得する場合は、仕事や学校を終えたあとや休みの日などに都合をつけて教習を受けることができますが、合宿免許の場合は、集中して免許を取得するという目的があるため、まとまった日数が必要になってしまうことや、短い期間で卒業することを目指すために、学科や技能などのスケジュールを集中してこなしていくことになるので、毎日が大変忙しくなります。



特に学科の試験は、短期間で必要な知識を勉強して覚えないといけません。