レーザーを使用したシミ治療

シミには幾つかの種類がありますが、肝斑を除いたシミや色素沈着を消すことができるレーザーには、スイッチルビーレーザーというものがあります。医療用のレーザーとして治療に使用されており、ほくろの除去や、タトゥーの消去などにも使用するものです。
黒い色素にのみ反応をするため、お肌にダメージを与える心配がないのが特徴です。

渋谷のくすみに有益な情報の紹介です。

シミ部分に麻酔クリームを塗り、レーザーを照射していく方法です。照射後は、表皮が破壊されているため、照射した部分は白くなります。


そして数日間は照射部分が赤黒くなり、かさぶたとなります。

かさぶたを隠すために、絆創膏の提供がある美容クリニックも多く存在しています。

1週間程でかさぶたがはがれ、新しい皮膚が生まれてきます。

ピンク色をしている皮膚です。

そして、さらに1週間から2週間ほどで肌色となり、シミのないお肌となります。

治療の期間は、シミの数や濃さなどにもよって個人差は生じますが、通常1度の照射で効果を実感することができるのが特徴となっています。

頑固な色素の場合は、2回から3回治療が必要な場合もあります。



治療は、一度受けてから3ヶ月を空ける必要があります。

また、保険が適用される疾患もあるため、その場合は治療費が自己負担分のみとなります。カウンセリング時に、保険の適用が可能かなども含めて聞いてみると良いでしょう。

レーザーは、医師の腕によっても効果が異なる場合がありますので、信頼できるクリニックで施術を受けることが大切です。